患者調査サービス

患者調査サービス
Patient Centricityに基づく医薬品開発

かつてない社会の激変とテクノロジーの進歩により、医薬品開発の在り方も大きく変わろうとしています。一方で、より良い変化を遂げるために、今まで以上に、患者さんのことを考えた医薬品開発が求められています。3Hは、独自の患者ネットワークと医薬品開発支援を通して培ったノウハウをもとに、患者さんの声を活かした医薬品開発の実現をサポートします。

患者調査サービス
Patient Centricityに基づく医薬品開発

かつてない社会の激変とテクノロジーの進歩により、創薬や育薬の在り方も大きく変わろうとしています。そしてより良い変化を遂げるためには、今まで以上に患者さんのことを考えた活動が求められています。3Hは、独自の患者ネットワークと医薬品開発支援を通して培ったノウハウをもとに、患者さんの声を活かした医薬品の開発や情報提供の実現をサポートします。

Point

Point

看護師やCRC、MR、臨床開発の経験者や独自の医師ネットワークなど、医薬品開発の専門家の協力によりサイエンスに基づいた企画立案や結果解釈、提言が可能。
PHRデータベースや治験やがん、希少・難病の医療メディアによる独自の患者プラットフォームを保有。

調査会社で様々なカテゴリの調査に従事してきたリサーチャーが、定性インタビューや定量調査、MROCなど、あらゆる調査手法に対応。

あらゆる手法で患者さんの声を収集

あらゆる手法で
患者さんの声を収集

Patient CentricityやPPI(患者市民参画)、デジタルセラピューテクスやオンライン診療やバーチャル治験など、医療提供者と患者さんとの新たな関係が構築されつつあります。 こうしたなか、アンメットニーズやペイシェント・ジャーニーを早期に把握し、適切な意思決定をしていくことが重要となっています。3Hは、患者さんや医療現場との独自のダイレクトアクセスと様々な調査手法で、必要なインサイトの把握を支援します。

オンラインコミュニティ(MROC)を使った調査も可能

オンラインコミュニティ
(MROC)を使った調査も可能

MROCとは、Marketing Research Online Communityの頭文字をとった略称で、特定のテーマに興味関心の高い人が集まり、長期的な対話・傾聴・観察を通じて、気づきを得るリサーチ手法です。 招待制のクローズドなオンラインコミュニティで匿名でやり取りできるので、参加者も安心して本音で語ることができます。 その場・その瞬間だけの繋がりであるインタビューやネット調査では引き出しにくかった患者さんのジャーニーやインサイト(本音)が発出しやすく、多くの気づきを得ることができます。 地理的・時間的な要因で難しかった調査も、制約なく患者さんを集め実施することが可能です。

ペイシェントジャーニーで見える化

ペイシェントジャーニーで
見える化



患者さんが症状や疾患を認識してから、通院前~治療~現在に至るまでの「行動」「思考」「感情」などのプロセスを把握します。 患者インサイトの把握は、創薬・育薬における探索・開発・上市・情報提供の全てのフェーズにおいて、必要に応じた適切な判断を後押しします。

独自の患者さんへのダイレクトアクセス

独自の患者さんへの
ダイレクトアクセス



約90万人が登録する「生活向上WEB」やがん情報サイト「オンコロ」、難病・希少疾患情報サイト「レアズ」などを活用することで、患者調査の課題となる患者さんのリクルートが可能。

Case Study

Case Study

Case1
定量調査



がん患者さんとご家族の「食の悩み」を明らかにしたい

調査概要

•対象者条件:がん患者さん及び、がん患者さんの食事の管理/相談をしているご家族
•サンプル数:目標 1,000名
実績 約1,300名 (患者1,100、ご家族200)
•割付:なし
•地域:全国
•調査手法:定量調査(インターネットアンケート)
•クライアント:製薬会社、業界団体
調査の背景と目的

•がん治療における体重減少の課題を元に、新たながん治療の啓発を目的に調査を計画。

•患者さんとご家族が抱える食に関する悩みや対処について、より深く・詳細に理解し今後の製薬企業からの情報提供に役立てる。
調査内容とその後のアクション・成果

・食欲、食事、メニューなど食全般に関する悩みや対処法を調査。
・調査結果に医師など専門家からのアドバイスも追加し、患者さん・ご家族向けの冊子などを作成。
・冊子には、できる限りリアルな声が忠実に届くよう、自由回答の生の声を多く掲載した。

Case2
定性調査
(MROC)



通院への障壁を把握し、院内ツールへの評価を取りたい

調査概要

・対象者条件:20~30代の女性で、軽傷ざ瘡(にきび)がある方
・サンプル数:90名
・割付:病院で治療中の方(皮膚科30名/クリニック30名)と、通院非経験者30名
・地域:全国
・調査手法:MROC (Marketing Research Online Community)
・クライアント:外資系製薬会社
調査の背景と目的

•患者さんの捉える”ニキビと治療”を、通院への障壁・欲しい情報・処方薬に望むものなど多角的視点で把握し、疾患と治療薬に対する医師と患者さんのギャップを明らかにして今後の戦略への足がかりとしたい。

•患者さんのニキビの捉え方などについて、重要なインサイトは何かを知りたい。
調査内容とその後のアクション・成果

•通院への障壁を探り、院内掲示物のデザイン案に対して通院喚起に繋がるものはどれかを確認。
•クライアントにて、医師への情報提供およびPR資材などに調査結果を活用。
•あわせて重症度の感覚や治療への期待などに医師と患者間でギャップがあることも確認できた。

Case3
定性調査



ICF(治験参加同意書)に患者さん目線の確認が欲しい

調査概要

•対象者条件:その治験の対象となる疾患をお持ちの患者さん
•サンプル数:5名~8名程度
•割付:なし、あるいは治験条件や疾患特性に準じて設定
•地域:首都圏(対面の場合)、あるいは全国(オンラインの場合)
•調査手法:定性調査(デプスインタビュー)
•クライアント:複数の製薬会社
調査の背景と目的

・患者さんから見て現状のICF(治験参加同意書)は分かりやすいものになっているのか。ボリュームは読める範囲に収まっているのか。気になる表現や意味が分からない単語はないか。など、これから使用するICFや会社としてのテンプレートに対して患者目線でのチェックを入れ、完成度を高める。
調査内容とその後のアクション・成果
•治験の詳細条件までは問わず、その対象疾患を持つ患者さんに実際のICFを見ていただき、詳細に意見・感想を聴取。製薬企業では気づくことのできなかった専門用語やちょっとした表現の問題点、ページ構成の順番などに多くの気づきを得た。
•ICFの見直しに留まらず、インタビューをクライアントも視聴することで患者理解も深まった。

Case4
ウェアラブルデバイス+定性調査



開発中のデバイスに対し、患者さんからの使用感を聞きたい

調査概要

•対象者条件:肺がん患者さん
•サンプル数:20名
•割付:なし
•地域:全国
•調査手法:ウェアラブルデバイスの試用+試用後の定性調査(デプスインタビュー)
•クライアント:外資系製薬会社
調査の背景と目的

•ウェアラブルデバイスを患者さんで使用した実績が乏しく、デバイス使用感・使用率およびパラメータの収集可否が不明であるため、試験に先立って事前に患者調査を行い、Pilotとして情報収集する。
調査内容とその後のアクション・成果

•ウェアラブルデバイスはマニュアルを確認すれば、調査参加者全員が大きな問題なく使用できた。また、1か月間の調査の中で皮膚炎などが理由で使用を中止した人はいなかった。
•データを患者自身も自己管理に活用できることは、デバイス使用継続のモチベーションになっていた。

Case5
定量調査



臨床研究系調査

調査概要

•対象者条件:膵臓がん患者さん
•サンプル数:目標 100名、実績 約130名
•割付:なし
•地域:全国
•調査手法:定量調査(インターネットアンケート)
•クライアント:外資系製薬会社
調査の背景と目的

•膵臓がんは難治がんの代表的疾患であり、多くの課題を解決していくためには、患者さんにおけるQOL上の問題点や治療におけるアンメットニーズなどを把握する必要がある。

•膵臓がん患者さんの治療や社会生活上の不安、治療に関する情報やイメージ・満足度などについて網羅的に調査し、理解を深める。
調査内容とその後のアクション・成果
•目的に対する調査結果を得て、アンメットニーズについて深い示唆を得ることができた
•クライアントにて、学会発表や論文化を検討中

お問合せフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問合せ内容 (必須)
 説明希望 見積希望 資料送付希望 その他

団体名 (必須)

部署名 (必須)

電話番号

3Hグループ 個人情報保護方針

3Hグループは、ライフサイエンス関連のサービス事業を運営している。この事業推進に伴い、会員様並びに各種コンテンツ等のサービスをご利用いただいている個人、お取引先、及びその他関係各社、全ての方々(利用者様)からお預かりする個人情報には、健康情報を始め、多くの機微な個人情報が含まれている。

3Hグループは、これらの個人情報が元来利用者様ご本人のものであることを理解し、またそれらの情報を取扱わせていただくことで事業活動が成り立っていることを深く認識し、グループ全社をあげて個人情報保護活動に取り組むため、「3Hグループ個人情報保護方針」を以下に定め、実践する。

※利用者様には、代諾者様(例:未成年の親、疾患などにより同意の能力がない本人に代わって本人の利益を図りうるご家族等)が代理で登録した方も含まれます。

  • 3Hグループは、ライフサイエンス関連サービスの実施にあたり、個人情報を取り扱う際、適切かつ適法な取得を行う。個人情報の利用及び提供にあたり、取扱い手順及びそれらの目的外利用阻止のための監視ルールを遵守する。
  • 3Hグループは、個人情報に関する法令及び国が定める指針、その他の特定した規範について、全役員・社員が常に参照可能な措置をとる。それらの法令・指針の改正についても、常に最新状態に維持し、これを遵守する。
  • 3Hグループは、適切なリスク分析や安全対策を計画的・定期的に実施し、適切な安全対策措置を講じる。また、個人情報の漏洩、滅失又は毀損などの防止及び是正のために必要な措置を講じる。
  • 3Hグループは、個人情報保護マネジメントシステムを構築し、その実施、維持、継続的な改善を行う。
  • 3Hグループは、個人情報保護方針についてのお問い合わせ並びに個人情報に関する苦情及びご相談に対応するため、「個人情報相談窓口」を各社に設置する。

なお、3Hグループは、3Hホールディングス株式会社、3Hメディソリューション株式会社、3Hクリニカルトライアル株式会社、3H CTS株式会社で構成されている。

<個人情報に関するお問合せ・苦情受付窓口>
3Hメディソリューション株式会社 個人情報相談窓口
住 所:東京都豊島区南池袋1-13-23 池袋YSビル 2F
TEL(03)5953-2108

制定日:2019年  4月 22日
3Hメディソリューション株式会社
代表取締役 安藤 昌
 
27701

適用規格:ISO/IEC 27701:2019
組織名:3Hグループ
認証範囲:3Hメディソリューション株式会社
認証日:2021/06/07
有効期限:2024/06/08
認証番号:PR0041
審査認証機関:アイエムジェー審査登録センター株式会社

個人情報の取扱いについて

3Hメディソリューション株式会社の個人情報の取扱いについて、以下の通りご説明申し上げます。

a ) 事業者の名称
3Hメディソリューション株式会社

b ) 個人情報の利用目的
3Hメディソリューション株式会社(以下「当社」という)が個人情報を取得する場合は、利用目的を明確にし、目的の達成に必要な範囲内とします。主な利用目的は以下の通りです。
1. 各種お問合せ・ご要望への対応
2. お取引先から委託された業務の遂行
3. お取引先への情報提供および連絡
4. セミナー、展示会等イベントのご案内発送・運営
5. 採用活動、雇用・退職手続き等の人事管理

c ) 共同利用について
3Hグループ(詳細は下表の「範囲」に同じ)は、「人の健康と幸せをつなぐライフサイエンスカンパニー」として総合的なサービスを提供するため、下表の範囲内で必要な場合に限り、個人情報の共同利用を行います。
共同利用にあたっては、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関係法令等を遵守し、個人情報を取り扱います。下表以外の項目を共同利用する場合は、別途利用者様から提供された連絡先に対する通知またはウェブサイト等で公表いたします。

ライフサイエンス関連サービス情報 営業活動情報 従業員情報
利用目的 グループにおけるライフサイエンス関連サービス遂行のため グループの事業活動における各種ご案内やお問合せ対応のため グループにおける経営情報管理のため
取得方法 本人からWEB・電話・書面(メール、FAXも含む)にて直接取得する。 名刺交換、セミナー・展示会等のイベントを通してご本人から直接書面(メール、FAXも含む)にて取得する。 従業者から人事管理システム・書面(メール、FAXを含む)にて直接取得する。
項目 氏名、連絡先(住所、電話番号、Fax番号、メールアドレス)、疾患名・症状・臨床検査値・ご使用薬剤・通院状況等の履歴、試験等の参加履歴、お問合せやご依頼・ご要望の内容等 氏名、所属先名称、連絡先(住所、電話番号、Fax番号、メールアドレス)等 氏名、連絡先(住所、電話番号、Fax番号、メールアドレス)、健康診断結果等、従業員管理に必要な項目
責任者 3Hクリニカルトライアル株式会社
(生活向上ケアセンター運営グループ)
3Hメディソリューション株式会社
(グループ営業統括)
3Hホールディングス株式会社
(グループ人事・総務サービスグループ)
範囲 3Hグループ
・3Hホールディングス株式会社
・3Hメディソリューション株式会社
・3Hクリニカルトライアル株式会社
・3H CTS株式会社

d ) 個人情報の第三者提供について
当社は、法令による場合、人命、身体の保護のために必要な場合であって、利用者様の同意を得ることが困難である場合以外、利用者様の同意を得ずに第三者への提供は行いません。

e ) 個人情報の取扱いの委託について
当社は、個人情報の利用目的の範囲内で、個人情報の取扱いを外部に委託する場合があります。
委託を行う場合は、厳密な委託先評価によって、個人情報の保護水準を十分に満たしている委託先を選定し、必要かつ適切な監督を行います。
これらの委託先は、契約によってその保護水準を担保します。

f ) 特定の機微な個人情報の取得、利用、提供について
当社は、個人情報の利用目的に必要な範囲内で、利用者様の身体・健康情報、病歴、服薬状況、生活習慣等、必要な個人情報を取得させていただきます。

g ) 個人情報の開示・訂正等について
当社は、ご本人から自己の個人情報について開示の請求がある場合、速やかに開示致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合は、開示に応じません。
個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。
その際、ご本人であることが確認できない場合は、これらの請求に応じません。
当社の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等がございましたら、問い合わせフォームまたは下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

<個人情報に関するお問合せ・苦情受付窓口>
3Hメディソリューション株式会社 個人情報相談窓口
住 所:東京都豊島区南池袋1-13-23 池袋YSビル 2F
TEL(03)5953-2108

h ) 改訂について
当社は、個人情報保護活動において、「個人情報の取扱いについて」を適宜見直し、継続的な改善に取り組んでまいります。そのため、「個人情報の取扱いについて」の内容を予告なく改訂させていただくことがあります。なお、2019年4月22日付で、グループ会社へ体制を移行し、あわせて事業会社としての商号を変更したことにより、制定日を新たにいたしました。

制定日:2019年4月22日

以上

上記の内容に同意します