■3Hライフサイエンス研究所

ライフサイエンスにおいてイノベーションにつながる新たなコミュニケーションや テクノロジーの導入について研究・分析を行い、産学連携、技術開発、単独・共同研究、人材育成、啓発活動の推進を行います。

名称:3Hライフサイエンス研究所
所長:牧 大輔
設立日:2018年11月26日
設立目的: ヒトの健康や幸せに資するライフサイエンス分野の研究

■社会連携講座

ICTを活用した臨床データ収集のイノベーションによる医薬品開発の革新と薬局参加型の市販後適正使用や医療薬学的指導によるヘルスケアの推進、およびビッグデータ時代の患者活動に必要な医薬品開発教育やデータ利活用教育のプログラム開発を目的とした研究を行っています。

講座名称: ITヘルスケア
ウェブサイト:https://plaza.umin.ac.jp/ithc-utokyo/
研究題目: ICT利活用による医薬品開発と適正使用のイノベーションにおける研究
研究内容:
・在宅/遠隔治験の実施に必要なデータ信頼性のレギュラトリーサイエンスの構築
・薬局薬剤師に必要なICT教育のプログラム化や服薬情報の体系化、薬局支援体制の 構築
・患者団体活動を推進するリーダーシップ育成のための医薬品開発やデータ利活用に関する教育のプログラム化

担当研究者: 特任教授 今村恭子、特任研究員 大倉政宏
設置場所:東京大学大学院薬学系研究科
設置期間:2018年11月1日から2021年10月31日までの3年間
共同研究先:ネオファーマジャパン株式会社、3Hメディソリューション株式会社

Vol.3「Patient Centricityを実現するために知っておきたい基礎知識 〜PX(ペイシェント・エクスペリエンス)から発見する患者インサイト〜」

本レポートは、製薬業界内における疾患啓発(DTC)活動の健全な発展と実施を目指して活動されている「疾患啓発(DTC)研究会」のメールマガジンに配信したコンテンツをレポートにいたしました。基本的なリサーチ手法から患者さんのホンネを引き出す患者インサイト調査、その結果をどのように活かしていくかなどをまとめています。

●目次:
1.導入
2.患者インサイトの重要性
3.患者インサイトを知るための手法

Vol.2「日本で被験者リクルートメントを計画/実施する際の注意点」

本レポートでは、Vol.1で解説した海外の被験者リクルートメント事情を受け、視点を日本に切り替えて文化的な事情や治験実施体制の海外との違いなどを解説し、日本で治験の被験者リクルートメントを計画/実施する際の基本的な考え方や、施設選定が与える影響など留意するべきポイントをまとめています。

●目次:
1.導入
2.医薬品開発状況
3.「広告から募集された被験者」に対するイメージ
4.被験者リクルートメント戦略の基本的な考え方
5.PROの立ち位置と今後

Vol.1「海外の被験者リクルートメントPRO(Patient Recruit Organization)最新事情」

本レポートでは、「日本が被験者リクルートメントで独自の進化を遂げる中、世界はどのように被験者リクルートメントと向き合ってきたのか」「グローバルで活躍するPROがどのような背景で医薬品開発の舞台の中心的な立場となっていったのか」「実際にどのような支援形態で業務を行っているのか」といった米国では30年以上の歴史を有するといわれるPROの成り立ちと現在、そして今後について解説しています。

●目次:
1.導入
2.米国PRO黎明期
3.PROを取り巻く臨床試験環境
4.国際共同治験でのPRO支援体制
5.米国PROの今後