遠隔モニタリング支援サービス

遠隔モニタリングサービス


新型コロナウイルス感染者の

遠隔モニタリング



新型コロナウイルスなどの臨床研究の

遠隔モニタリング

アプリやデバイスを使って遠隔で健康状態を把握。
感染防止対策から感染者の自宅・ホテル待機でのリスク低減までサポートします。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、医療体制が逼迫が課題となっています。地域によっては、リスクの高いと思われる患者さんもホテルや自宅での待機となるケースもあるようです。そのため待機している患者さんの健康状態を把握し、リスクを減らすことが求められています。ePRO(電子患者日誌)システム「3H P⁻Guardian」は、質問機能やアラート機能などをつかって、スマートフォンアプリを通して遠隔でのモニタリングが可能です。患者用端末の手配など運用面もワンストップで対応します。

また感染対策として、健康状態を遠隔でモニタリングするツールとしての活用やワクチン接種後の健康状態のモニタリングなどの臨床研究に至るまで、さまざまな用途で新型コロナウイルスへの対応を支援します。
remote03

新型コロナウイルスに関する臨床研究や感染拡大防止に活用可能

質問票やお知らせ・チャット機能などを活用し、遠隔モニタリングから情報提供・コミュニケーションまでサポートいたします。

●自宅・ホテル待機している感染者

●新型コロナウイルスに関する臨床研究の被験者

●ワクチン接種者

●実診療・臨床研究などでの感染防止対策

モニタリングに必要な質問票も簡単に作成可能

短納期・低コスト・簡単導入

●最短1営業日でアプリ環境を提供

●自身で自由に設計できるから低コスト

●閾値や時間など条件に合わせて自由なアラート設定

●対象者はアプリをインストールするだけ

●貸出用端末も対応可能

●ヘルスケアデバイスとの連携環境の構築も支援可能

お問合せはコチラ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

団体名 (必須)

部署名 (必須)

役職名

電話番号

お問合せ内容 (必須)